6月22日

 バイト帰りの遅い時間の電車だった。室内をぼんやり眺めていると、ふとここにいる人たちは全員、お互いなんの関係もない、徹底的にないんだって思った。実際、今日で会うのが最後の人もたくさんいるだろう。両隣にいる人が電車を降りて、向こうのホームに階段から何人か降りていくのが見えた。橙色の灯りが高速で過ぎていった。同じ時間に同じ空間で過ごしているのだから、少しは関係があってもいいのにと思った。この駅で降りて目の前に見えている町へ降りていく自分を想像した。

f:id:moko0908:20210623223523j:image
f:id:moko0908:20210623223518j:image

6月21日

 溜まっていた仕事が終わって、ベランダに出ると山吹色の空と、鱗雲が見えた。晴れていた。夏至の日に散歩できた。アパートから道路を渡って川沿いに出るまでに、空は茜色へと変わっていった。セミが鳴いている。たぶん今年初めて聞いた。いよいよだと思った。これくらいの季節になると、毎年走りたくなる。また空は黄色系の色へと戻っていく。暖かかった。ぼおっとしているだけですごい充実感だった。階段にもたれ掛かって座っていると眠たくなってきた。
 f:id:moko0908:20210623110404j:image
f:id:moko0908:20210623110400j:image

6月20日

 やらないといけなかったことから解放されて、今日ようやく散歩できた。数日しばらく引きこもっていたし、雨が多かったのもあって、ものすごく久しぶりに感じる。七時を過ぎても、空が真っ赤で、連動して川も真っ赤になっている。干上がった部分で茶柴がゴロゴロ転がっている。今日の散歩中、黒色のも合わせると、柴犬をたくさん見た。そういえば、明日は夏至だ。ちゃんと日の長さを感じれてよかった。嬉しいけど、もう今年も半分かと思うと複雑だ。去年も似たようなことを思った。

f:id:moko0908:20210621193052j:image

6月19日

 今日は一日頑張った。ずっとパソコンと睨めっこしながら資料を作っていて、それが今日ようやく終わった。割と集中できたから、実際にパワポを作ったのは二日間くらいだったけど、しばらく前からこの発表のことが頭の片隅にあって、本を読むときもそれに方向付けられている感じがずっとあったから辛くもあった。でも勉強にはやっぱりこういう強制が必須なんだなあと思ったけど、自分には合わない。だから院進もしない。遊びが仕事になっちゃうとダメな気がする。

f:id:moko0908:20210621114655j:image

6月18日

 昨日久しぶりに夜更かししてお風呂に入らずに寝てしまった。風呂に入ってから、コンビニにサラダとプリンとアイスを買いに行った。今日もまた雨が降っていた。
 何をするにも期限の二、三日前くらいの時間は全然やる気が出ない。戦前や戦時期につくられたディズニー作品をいくつか観た。戦前の超初期のミッキー映画は感動的に良い。アニメーションが誕生したときの感動は、いまのVR技術とかとは比べ物にならないくらい大きかったんじゃないかと思った。

f:id:moko0908:20210619233159j:image

6月17日

 窓辺で寝転んで本を読んでいるといい匂いがした。しらすみたいな匂いだった。来週の火曜日にある発表をしないといけなくて、その資料を作らなければならなかった。全然進まなくて、七時頃川に出た。曇っていたけどまだ明るかった。橋についている電灯に「照明灯8247号」と書いてあった。電灯にも名前がついていることを初めて知った。
 夜、ふと観た動画がおもしろくて、ずっと見てたら空が明るくなってきた。朝の四時半くらいだった。雨が降っていた。

f:id:moko0908:20210619104804j:image

6月16日

 何日かぶりにちゃんと晴れた。暑くてだるかった。研究補助のバイトをしていた。図書館に指定された本を借りにいったり、印刷したりする。数歩歩くたびに立ち止まって、そのまま地べたに座り込みたくなった。汗がじんわりと出てきて、着ている黄緑色のシャツの袖が湿ってきた。熱中症だったのかもしれない。バイト中だったけど、友だちに会ってしばらくずっと立ち話をしていた。大学内はみんな人に慣れているからか、個性的な動きを見せる鳥が多いと思った。

f:id:moko0908:20210618093044j:image
f:id:moko0908:20210618093040j:image
f:id:moko0908:20210618093048j:image