2022-5-15

日記を継続して書くのはすごくしんどい。けどしばらく書かないでいると、書きたいと思ったことがそれなりに溜まってきて、その多くを忘れていると思うけど、また書き始めることが出来ている。身体的な性が男性かつ長髪だと、バイトの種類がとても制限される。だけど、この前ベリーショートのウィッグをかぶって行けばいいんじゃないかと思い付いた。バイトの時は男装。

週末は写真を撮りに出掛けていた。土曜は家周辺。カメラだけ持ってうろついていたら、いつの間にかすごく遠くの方まで来てしまっていた。住んでいる場所周辺はとてつもなく入り組んでいるうえに、高低差の激しい地形だ。携帯も持たずに出てしまったから、マップも見れず、昼に出たのに家に着けたのは日が沈む頃だった。坂を登ったり降ったり、すごく疲れた。

今日は電車に乗って多摩川で降りた。多摩川台公園を歩く。日曜だからか、家族連れがとても多かった。ああいうふうになる可能性が低い光景を見続けて、すこし不思議な気分になる。かつて自分もあそこにいたけど、これからはたぶん関係のない世界。公園を出てからは、多摩川堤通りを歩き続けた。海まで15kmという看板。歩いていたらそのうちどこかに辿り着くだろうという甘い見通しでいたが、あまりにもずっと一直線が続くのでたまらずバスに乗った。一度に歩ける距離には限界があることは、歩き疲れるまではいつも忘れられている。昨日、迷ったせいで限界を超えて歩き続けたばかりなのに。後ろで、男の子が母親に無視されながらもずっと同じ言葉を繰り返している。

「ぼく8階にすんでる!ぼく8階にすんでる!ぼく8階にすんでる!ねえ聞いて〜!ぼく8階にすんでる」

「待っていま話してるから」

「ううん、東京だと珍しくないわそんなの」

ケンタッキーで休憩した後、いつもどおり、気楽に考えていたよりもずっと少ない量の写真しか撮れずにさっさと帰ってしまった。

今日はこれでおわり。

2022-5-9

朝8時に起きる。生活リズムを改善しようと頑張り中。大塚英志『まんがはいかにして映画になろうとしたか』を読みはじめる。つい途中で先日読み終わったジョジョの5部のアニメをつけたら、そっちをずっと見てしまった。この人の漫画のキャラクターはスタンド以外の個性がかなり希薄だ。とくに5部は出てくるのがほとんどギャングという設定で、大体のキャラ(特に敵キャラ)が同じような喋り方をし、同じような性格をしている。たぶん、キャラクターの内面の造形とか、描き分けとかにあまり興味がないんだろう。そういえば、去年卒論を書いた宮崎駿もそういうところがある。たとえば、クラリスナウシカ、サツキのようなキャラクターは一定の互換性があり、そのキャラから感じるのは、個性を持った人間というよりも、ジブリヒロインの型の方だ。ジョジョは同一の作品ーフレームのなかですら、それで押し切ってしまっているところが最近の漫画、アニメではなかなかない感じ。その強引さを成立させているのはもちろんスタンドやヴィジュアルの強烈な個性なのだけど。個人的に荒木飛呂彦宮崎駿は結構共通点の多い作家だと思う。描きたいものがキャラクターではなく、物語でもない。自分の頭のなかにあるさまざまな空想、アイデアをいかに実現させるかに専心し、そのアイデアの量が実現可能な域を超えたためか、ときに暴走気味になったりするところとか(ハウルジョジョ6部で、終盤にもかかわらず収拾つかなくなるほどエントロピーが増大していく感じ)。

オンラインでバイトの面接を受けた。男性は髪の毛の長さに規定があると言われたため、断る(タウンワークは性別不定で登録できるけど、面接時にはっきりさせられることがほとんど)。なんでこの歳になって学校の規則みたいなこと言われなくちゃいけないのか。せっかくここまで伸ばしたのに、絶対切りたくない。とはいえ、面接官の人はかなりこちらに気をつかっているようだった。そういう時代ってことなんだろう。気をつかわれたところで、結局働ける場所が少ないままなんだけど。

思いつきで作り始めたオブジェがどんどん大きくなり、部屋を圧迫し始めた。背景はスクラップブックを解体し、繋げ直したもの。いまは日記モビールと呼んでいる。

f:id:moko0908:20220510115836j:image
f:id:moko0908:20220510115830j:image
f:id:moko0908:20220510115821j:image
f:id:moko0908:20220510115815j:image
f:id:moko0908:20220510115844j:image
f:id:moko0908:20220510115833j:image
f:id:moko0908:20220510115842j:image
f:id:moko0908:20220510115812j:image
f:id:moko0908:20220510115825j:image
f:id:moko0908:20220510115827j:image
f:id:moko0908:20220510115839j:image

f:id:moko0908:20220510120110j:image