2022-5-4

日記を再開したのは、ひとつには小説を書きたいという気持ちがむくむくと戻ってきたから。冒頭だけ何とか書けた。後で消すかもだけど載せてみる。

 

 その手元にあるiPhoneは開かれると1年前の今ごろにたくさん取られた写真をランダムに表示しはじめた。この日の写真はこの日のことをとてもよく覚えている。ここはたしかとある海辺の町、たとえば映っているのはどこにでもありそうな1本の木だが、この写真が撮られたのは、風に揺られてかさかさと音を鳴らしている様子が気持ちよかったからだと思う。いまならもっと上手く撮るのに、そんなことよりもこれらの撮られた写真は、歩いていたときの気分とか考えていたこと、この時期よく聞いていたアーティストやよく読んでいた本なんかまで怖いくらいに覚えている。ふと目を上げると車窓には目まぐるしく移り変わる景色が映っていて、途方もなさを感じながらしばらくそれを眺めていた。このときわたしはその座席にiPhoneを置いたまま降車してしまい、慌てて再び電車に乗って、終点までそのiPhoneを回収しに行くところだった。

 

ここ一二ヶ月で読みかけになっている本や一応読み切った本、買っただけで読んでない本の確認。

f:id:moko0908:20220504130853j:image

響け!ユーフォニアム』、しんどくなったら見るアニメ。何回観ても見る度に新鮮な発見や感動がある。

行こう行こうと思っていたアケルマンをようやく見に行った。

始まるまで、保坂和志カフカ式練習帳』をよんでいた。面白い。

シャンタル・アケルマン『私、あなた、彼、彼女』をヒューマントラストシネマ渋谷で。映画が始まる直前、照明が消えると同時にとてつもない眠気に襲われ、最初1人の女がずっとほとんど何も無い部屋で色々しているシーンは眠りながら見ていた。彫刻のような?2人の女がセックスしているシーンを結構長い時間見たあと、この後は何するんだろ、と思って構えた瞬間この映画はスパッと終わった。

富士そばで鱈そばを食べる。

f:id:moko0908:20220504210131j:image

明日は朝5時に起きる予定。朝早くから鎌倉へ行って写真を撮るつもり。後に引けないように民泊の予約もすでにとった。海を見るのは久しぶりだから楽しみ。