9月27日

今日も昨日と同じで、おばあちゃんの家でツタヤで借りたDVDを観ていた。今日も三本。『デッドマン』(ジム・ジャームッシュ)、『ウルトラミラクルラブストーリー』(横浜聡子)、『ツィゴイネルワイゼン』(鈴木清順)。

ウルトラミラクルラブストーリー』がめちゃくちゃ面白かった。観ながら樫村晴香保坂和志の対談「自閉症・言語・存在」を思いだしていた。通常の脳を持つ神経症者にとって、愛は呪縛であり、足枷であり、決して逃れられないものであるが、神経症の圏外にいる人間は、その特異性によって、愛を手に入れることはできない。その人間を演じている松山ケンイチは、農薬を摂取することによって無理矢理脳の特異性を弱らし、愛を手に入れようとするが、それと引き換えに心臓が止まり、そして生と死が混在した領域を呼び寄せ・・・とてんこ盛りの要素が詰め込まれていて、展開も素晴らしく作り込まれている。物語的な面だけでなくて、場面場面の充実もすごい。

書いてみて思ったけど、今日観た映画はたまたま全部、生と死の領域を横断する。映画はそんなことも簡単にできてしまう。映画というか、ビデオカメラという装置が。それらのなかでも最も意味不明であると同時に、圧倒され、そして笑わされたのが『ツィゴイネルワイゼン』だった。こんな映画初めて観た・・・。もう笑うしかないところとかがたくさんあった。たぶんまた何回か観ることになるんだと思う。

 

レディオヘッド『kidA』

暗い・・・笑。けど夜に聴くととてもよかった。

 

夜に散歩した。公園で一人でだれもいないグラウンドでてくてく歩いた。緑茶のペットボトルが落ちていて、三分の一くらい残っていた。踏んだり蹴ったりしてみた。電灯と半月が同じくらい綺麗だった。

f:id:moko0908:20200927231912j:image
f:id:moko0908:20200927231918j:image
f:id:moko0908:20200927231904j:image
f:id:moko0908:20200927231908j:image